どくだみリーグ

◆解説◆

1)ブックコンセプト
なおさんを敵に回す想定で考えたブック。
使用するブックは野良同盟で使っていた相乗りブックと想定出来たため、 対策に重点を置いている。
トーナメント戦でしか使わない個人狙いブック。
ちかさんとかつゆきさんは、1回戦、2回戦と自分が同じブックで戦っており、自分となおさんが
ラントラ型ブックを使ってくるのが予想出来るため、何らかの対策は入れてくるので、
同じブックで行くのはちょっと危険と考えた。

森はかつゆきさんがダンピール、ライトニングを入れてくると予想できる上、なおさんのマッドマンを強化するので却下。
風はかつゆきさんが使用する確率が高く、なおさんのシルフ→ガルーダを強くするだけだから却下。
水は悪くないが、守備寄りでいざという時に殴れないため、火を選択した。
このブックの特徴は、1枚ずつ妨害スペルを仕込んで相手は複数枚あると思わせて、手を止めさせることにある。
多彩な切り札スペル即撃ちで、一気に形成を優位にする構成になっている。
なお、ローカルで1〜2回程度回したブックなので、ブック練度はそれほど高くない。

2)戦前予想
組んだ時の勝率予想
なおさん 70%
ちかさん 55%
かつゆきさん 40%
なんだかんだでなおさんと組めば、優勝する確率は高いと思っていた。
ちかさんと組めば、上手くかみ合えばなおさんを倒せると思っていた。
ただ、かつゆきさんの場合、極端なラントラ対策をしてきて、自分と組んだ場合は逆噴射する可能性があると思い、
一番評価を低くしている。

3)実戦
なおさんと組みラントラvsアンチラントラの戦いとなった。
なおさんは、予想通り野良同盟で使っていた多色相乗り型ラントラブック。
ちかさんは、無+森援護型魔力攻撃ブック。(リコール、ランドドレイン、バンディット)
かつゆきさんは、風攻撃型(テング、ライトニングドラゴン)+エボニーアイドル、バサルトアイドル。

初周、自分となおさんは橋を渡りきり、足で先行する良い展開。
相手もちかさんが持ち込んだフェアリーライトをちかさんとかつゆきさんに掛ける良い展開。
自分が3つ目の砦に止まった時点で火1連鎖ビアを早くもレベル3に上げる。
なおさんにボイズンマインドでちかさんのアネイマブルを割った際、ちかさんがリンカネーションすると
落とせるカードを引かれるのは分かっていたが、びびらずあげた。
ちかさんはビア横の森土地に止まり、スクワリンを置き、ワーダイガーを援護につけての奪取を狙う。
その直後、城直前でちかさんにリコールを引かれ、自分が城に戻され周回やり直おしとなる。
続けてなおさんも同じくちかさんにリコールを引かれ、城に戻される。
しかし、自分LV3フェーム、なおさんはトケビLV2を聖堂ラントラで活動資金を捻出し、屍化は逃れる。
だが、フェーム用に上げた土地は、ウェザリング→テング置き→直後に砦に止まって落とされる。
その前のターンでラントラ出来たが、取られてもローカストで土地価値を落とせばよいと考えていたため、
あえて無視した(回避手段は別にもあった)が、今考えればラントラした方が良かった気がする。

その後、かつゆきさんからエボニーアイドル、ちかさんからプラスアイドルが出現する。
相手に都合のよいアイドルが 次々置かれていく。
かつゆきさんからはバサルトアイドルが見えたが、これは空気で終わった。
しかし、天罰システム発動により、ちかさんは橋で次々回され、城に戻されフェアリーライトの効果を失う。
更に自分がルナティックライトとパラライザーでエボニーアイドルを無力化する。
パラしたエボニーアイドルは自分がアマドラで焼いて始末する。
なお、ちかさんは操作ミスで再び橋に乗るなどして、こちらのチームにいじられ暫く城に戻ることが出来なかった。
ただ、砦通過+ランドレ連続引きをなおさんに浴びせ、屍化は逃れる。
その後、ちかさんがバンディットを自分のクリーチャの横に置いては、トレードやアマドラで焼いて回避する。
なおさんのモスマンにかつゆきさんがパラライザー+自分がトレード渡したビア+フュージョンで落とされる。
お互いが魔力が増やせずだらだら展開でラウンド過ぎていく…。

展開が大きく動いたのは、プラスアイドルを意図的に生かしておき、なおさんのブックが一周した頃。
かつゆきさんが3体目のエボニーアイドルを置いた直後、なおさんがバーバリアンで秒殺し、
次のターンにちかさんのプラスアイドルを倒した頃である。
なおさんからコーロイドにランドプロテクトをもらい、なおさんのスピニーアガマと共に投資拠点準備が完了する。
しかし、自分がコーロイドへの投資を優先した結果、トケビに横付けされたちかさんのバンディットに 侵略を許し、
屍と化すが、直後のなおさんのギフト+フェーム引きで一気に活動資金を回復する。
その直後、運命の分岐点を迎える。
自分が城まで6マスでなおさんがブック1周目にかつゆきさんにサプレされたトレスパスを撃つ。
ちかさんは自分が城に入らないと思い、リコールを保留をする。
自分のドローは、ホーリーワード8。
無事城に戻った上、なおさんにトレスパス収入が入る。
更にちかさんも城に戻り、なおさんにトレスパス収入が入る。
ここまでラントラによる加速をちかさんが抑え込んでいたが、ここで関が決壊する。

その後、なおさんが水護符売って、聖堂横のアマドラを森土地LV4を上げる。
自分は、ブック回転に利用したプラスアイドルをアマドラで全て焼き払う。
相手も風土地のコーロイドをパラライザー併用で倒す。
かつゆきさんが序盤に奪った土地をLV4まであげ、風連鎖を作り、二人風護符を買って追い上げを図る。
ちなみにこっちのチームはなおさんが森護符、自分が火護符を若干買っている程度。
但し、森も火も5連鎖確保しており準備は万端。
かつゆきさんがアマドラにターンウォールや変化したワンダーウォールにランプロを掛けて、
なおさんのラントラを妨害を図るが、アマドラ交換後、最終的にラントラされる。
また、ライトニングドラゴンを置いて、マッドマンLV3を狙うも直後にトケビを引かれラントラされる。
そうこうしている内に、なおさんが火護符50枚買った直後に自分がコーロイドをLV5に上げて総魔力9000G達成。
ちかさんも風護符全て売って風土地に投資しようとするが、ドレマジ引かれて乙る。
終盤、魔力を稼ぐ自力の差が出て勝利する。

4)感想戦
・ちかさん、なおさんを倒したかったので、自分と組みたかったとのこと。
・序盤LV3奪った時は、行けると思った。
・なおさんのトレスパスが決まった瞬間、ちかさんが包囲網が決壊したことを悟る。
・ちなみになおさんが使用したブックは以下。
総魔力はほぼ互角だったのでラントラの方向性の参考にはなるかと…。

[戻る]